メインメニュー

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

SM動画(新作)

TOP  >  SM告白日記  >  himawari  >  想い  >  言い訳

himawari さんの日記

 
2015
8月 18
(火)
04:36
言い訳
前の日記 次の日記 カテゴリー  想い
タグ 
本文

女の言い訳はとても面白い。
本当は自分からそう望むのに、まるで自分は被害者で惨めではしたない行為をするのは主が命令し、従う必要があるからと言わんばかりの顔をする。

主の為に己の心と体を差し出すというのは重々理解している。
しかし、その想いの奥には自分からそうなりたい、そうしてほしいと望む心があるから身を差し出すのだと想う。
全裸にされ、縄で縛られどこも隠せず抵抗もできない自分に性器の奥が熱く疼くのを感じるのだろう。
動けず抵抗もできない自分の姿を鑑賞されながら異物を性器にねじ込まれるかもしれない、クリの皮を剥かれ刺激されると生温かい液が滲み始め、終いには流れ出すかもしれない。
乳首を固くし、虚ろな目をしながらも拒否するような言葉と態度を取る。
愛液を指で掬い、目の前に出し「なぜ掬えるくらい濡れているのか教えてみなさい。」と聞くと、何も言わず目を背ける女もいた。
ディルドをねじ込みゆっくりと出し入れすると、目を白黒させながら息を荒くする女に、

「こんな格好にさせられて、それでも異物を出し入れされると愛液流して喘ぐのか?」

と聞くと、まるで私が悪いような顔をする。

ここからが面白い。
出し入れの速さを変え、責め続けるといい声で鳴き始める。
突然、ディルドを性器から抜き止めていいか?と聞く。
もう間もなく絶頂を迎える表情と体の痙攣を急停止された時の顔は本当に良い顔をする。

「出し入れしてください。もっとねじ込んでくださいと言えば、望み通りにするが?」

そういった時に見せるあの顔。
心の葛藤があるのか、最後の諦めの瞬間に発する哀願の言葉が愛しい。
心のある境界線を越えた時、本当の自分が顔を出す。
皮から頭を出すくらいクリを勃起させ、愛液を撒き散らしながら、私の出し入れするディルドに歓喜の声を出す女。
屈辱的な言葉で罵倒されている時のたまらない声。

「ディルドがドロドロに汚れている。」
「自分がどんな格好をさせられ、何をされているのか理解しているのか?」
「何だ?気持ちが良いのか?こんなことをされてもおまんこに異物を入れられるともっと欲しがるような女になるのか?」

こんな言葉で責め続けると全身を痙攣させて絶頂を迎える。
私が変態な女にしているのか?それとも君が変態な女なのか?
私の望みを叶え、楽しませているのか?

お前が本当にしてほしいことをしてもらってるのではないのか?

日常の中で、性器にねじ込んでほしいものをみたり、公園のトイレを見れば誰が掃除しているかもわからず、強烈な匂いを発している場所で全裸にされ、自分が公園の公衆便所になったらどうなってしまうだろうなど、思いを巡らせ一人叶わぬ思いに胸を痛めているのではないのか?

私はそんなことを自らは望んでいません。
そんな言い訳を言えないように追い詰め、最後は汗と愛液、そして精液まみれの女にしてやりたくなる。
最後は笑顔になるだろうよ。

閲覧(18405)
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
«前の月次の月»
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
アクセス数
2778117 / 日記全体
最近のコメント
RSS配信
himawari さんの日記



SM告白日記月表示
お勧めSM動画
不二企画

夢流想倶楽部

シネマジック

S.O.W

Copyright (C) 2009-2014 ONINAWA sb.com Corporation, SM BOOK,All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project