メインメニュー

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

SM動画(新作)

TOP  >  SM告白日記  >  himawari  >  戯言  >  紅を引く

himawari さんの日記

 
2015
5月 23
(土)
01:59
紅を引く
前の日記 次の日記 カテゴリー  戯言
タグ 
本文

化粧せず素顔のままの自分を知ってほしいという気持ちは素晴らしいものだとおもう。
しかし、相手を喜ばす為に化粧をし、特別な感情を表す為に紅を引く女の感情はとても甘美なものだと思う。

主の好みの洋服を着て、好みの化粧をし真っ赤な紅を唇に引く。
これから服を剥ぎ取られ、身を晒し全てを委ねる。仮にそれが羞恥心を感じさせられ、自尊心を破壊されながら小汚く汚されるとしても。
日常の中で行う世間体の為のものとは違う、相手を喜ばすという気持ちで引く紅は想いが違うのだと思う。
許されない行為と欲望を感じながら、まるで今の自分と決別するような想いで鏡に向かう。
真っ赤な紅を引くとき、どのような想いなのだろう。
普段つけもしない紅は違う自分になる為、そしてこれからされる陵辱を受け入れる為に心決める想いなのかもしれない。
女とは面白い生き物だと思う。
そのような一つ一つの行動に何かしらの想いを乗せていることが何とも可愛らしいのだ。

恥丘の毛を剃るように命じれば、しっかりと剃ってくる。
大人の証であるはずの毛を全てそり落とせば、子供ような下半身になり、また性器を露わにすることとなる。
性器のヒダがより目立ち、クリを隠すフード(皮)もまた露わになるだろう。
こういったこともまた、相手を喜ばす化粧なのだと私は思う。

真っ赤な紅を引いた唇に指先で触れ、口の中に強引と思える勢いで指をねじ込む。
それはまるで性器に指をねじ込まれるような心臓の高鳴りを感じるのではないだろうか?
唾液が指にまとわり付き、無防備な表情をする女の舌を指でいたぶると素晴らしい表情をする。
私の性器を舐めるように指を舐める表情と真っ赤な唇は、何を望んでいるのかを感じさせられる。何も考えれず、情と快楽と期待に想いを焦がしながら舐める姿はまる白痴の女。
だが、その痴態こそが自分の求めている女であり愛しい存在なのだと感じる。

誰の為に引いた紅なのかを感じる瞬間だ。

閲覧(17640)
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
«前の月次の月»
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
アクセス数
2489459 / 日記全体
最近のコメント
RSS配信
himawari さんの日記



SM告白日記月表示
お勧めSM動画
不二企画

夢流想倶楽部

シネマジック

S.O.W

Copyright (C) 2009-2014 ONINAWA sb.com Corporation, SM BOOK,All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project