メインメニュー

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

SM動画(新作)

トップ  >  SMの女たち  >  鬼縄が愛すべきS女性です

 


名前:彩

 

昭和5?年11月生まれ

 

 

現状:空いた時間に考えるのはSMの事ばかり..?

   思い浮かぶシュチュエーションは奴隷によって

   変わります。

   妄想が技術を超え、一人歩きします。

   未熟な女王様だと自分でも感じますが、

   それでもついてくる奴隷の存在..

   だから私は女王様でいられるのでしょう。

   私は自分の欲望を満たす事に

   忠実でありたいのです。

   危険な罠。

   綺麗な嘘。

   背徳の罪。

   甘美な罰。

   汚れてもかまわない。。

   この手で咲かせられるものを全て咲かせましょう。

   命を授かった幸運を堪能したいと思っています。

   お互いの嗜好が一致するならば

   楽しい一時を共有できることでしょうね。

  

 

願い:影を消し去る強い光よりも、影を包み込む深い闇でありたい。

   命が尽きるまで何らかの形でSMに関わる人生を送りたいものです。

 

私の特徴:無口。我侭。あまのじゃく。耽美主義。多面体。

    

    

好きなタイプ:太っている人 

       精神的に病んでいる人

       貢物を献上する人

       俗にいうエリート&ブルジョアな人

       粋な感性を持つ紳士&淑女

       私の喜びを自分の喜びに出来る人

 

      

 

  

~沈黙の館~

 

  ここは闇の世界に存在する沈黙の館。

  目を閉じるほどの強い光に..

  あなた自身が消え入りそうになるのなら..

  おいでなさいね。

  館の扉を叩くのはあなた自身..。

 

 

  扉の前で多くの人が躊躇し恐れ戸惑う。

  私は館の窓からそれを見ているだけ。

  さぁ?どうなさるのです?

  扉を叩きますか?

  叩かずに帰りますか?

  扉の前で戸惑う人を私は館の窓から見ているだけ..。

 

 

  扉の前で足を止めている人がいます。

  さぁ?どうなさるのでしょう?

  緊張しておいでですね?

  扉を叩きますか?

  叩かずに帰りますか?

  私は館の窓から扉の前で戸惑う人を見ているだけ。

  声をかけたりは致しません。

 

 

  ここは闇の世界に存在する沈黙の館。

  光の世界に疲れたならおいでなさい。

  光の世界だけであなた自身を保てるのならば..。

  それはいい事よ?

  貴方の前に扉は決して開かれないわ..。 

  館の扉は叩かずにお帰りなさいね。

  大丈夫でしょう?

  今きた道を真っ直ぐにお帰りなさいな。

  道に迷わないようにね?

 

 

 

  扉を叩こうとする人間は多いのです。。。

  扉を叩く全ての者には決して開かれません。

     

 

 

  私は館の窓から扉の前で戸惑う人を見ているだけ。

  声をかけたりは致しません。

  貴方は扉を叩きますか?

  叩かずに帰りますか?

  ここは闇の世界に存在する沈黙の館。

  館の扉を叩くのはあなた自身..。

  私はいつもこの館の窓から

  訪ねてくる人を眺めています..。

  この館は私の終の住みか..。

  いつも私はここにいます..。

  この命が尽きるまでね。

 

 

  訪問者は歓迎しましょう。

  秘密のゲームを楽しみましょう。。

  闇の舞台で毎夜饗宴を繰り広げませんこと?

 

 

  さぁ。。。あなたはどうなさるのでしょう?

  これを読んでいるあなたの事ですよ?

  扉を叩きますか?

  叩かずに帰りますか?

 

 

  館の扉は気紛れですよ。

  扉を叩く全ての者には決して開かれません。

  けれど館に足を踏み入れたいならば

  叩くだけは叩いてごらんなさい。

  扉が開くのも開かないのも..その時の運。

  扉が開いたその時には

  一時の滞在を許可しましょう..。

 

 


 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:11 平均点:10.00
前
蝋涙・・・
カテゴリートップ
SMの女たち

お勧めSM動画
不二企画

夢流想倶楽部

シネマジック

S.O.W

Copyright (C) 2009-2014 ONINAWA sb.com Corporation, SM BOOK,All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project