ページへ戻る

− Links

 印刷 

SM ZERO X WIKI(書庫) :: SM ZERO X


ページ内コンテンツ
  • '緊縛(書庫)WIKI
    • 縛り方
  • 奴隷WIKI
    • 奴隷について
  • 練習ページ
  • PukiWikiについて
    • ドキュメント

'緊縛(書庫)WIKI anchor.png[1]

緊縛(書庫)WIKI
 
 
包む、折る、縛るは、日本人が最も得意とする分野である。それは日本人の生活様式を見渡せば至る所に存在すると気づく。
緊縛も又日本人が構築した文化様式である。一本の縄が多元的に変化する。この、小の中に多を見出す発想力こそが日本人の英知である。

白く豊満な肉体が緊縛される事で、濃厚な雰囲気を醸し出す。
世に緊縛美というものが存在する。女体が縛られる事によって独特のエロチシズムを醸し出す事をさす。女体の自由を奪う事によって得られる妄想の肥大。

緊縛された女性を美しいと感じた瞬間から、緊縛の虜になる。
45tani01_s.jpg
私が最初に見た緊縛映画は、緊縛の女王と言われた谷ナオミであった。
その衝撃の姿は、私の脳裏から離れる事はないだろう。

ご存じSMの女王の異名を持つ伝説の女優。
1960年代から100本以上の映画に出演した芸歴はピンク映画の歴史そのもの。
日活ロマンポルノの初期から引退する79年まで団鬼六原作のSMもので一世を風靡した。
元日活ポルノ女優。元祖SMの女王。
現在は熊本市内にスナック「ナオミ」を開店

●超私的意見

・全部観ましたが、やはり、お竜情炎縄地獄が一番です。(こうじ)
・谷ナオミさんが経営する熊本のスナック。ナオミにも行き、一緒に飲みながら、ナオミさんの手を握った事もあります。電話ででも何度か話し、一番新しい写真集も買って下さい、と、勧められました(こうじ)
・当時の私の年齢からして、谷ナオミはおばさんだったので魅力を感じませんでしたが、自分が歳をとってみると、やはり被虐の似合ういい女だと思います。
・縛られて浣腸を受ける彼女の表情が色っぽかった。
・彼女の映画で初めてSMを知りました。
B001B4LQH0_09_LZZZZZZZZZZ.jpg
51mkjHWRncL.jpg
 
 
緊縛WIKI にようこそ。。。。

緊縛WIKIは、自由にページを編集できるツール、PukiWiki[3]を使った緊縛書庫です。

緊縛に関する事ならどんなことでもこの緊縛WIKIに書き込んで下さい。
訪問者が自由に書き込めるという点では、Web掲示板とちょっと似ているかもしれませんが、Web掲示板はメッセージを追加するだけですが、Wikiは新しいページを作ることも、すでに存在するページの内容を自由に変更することもできます。
WIKI上で使用できる構文[4]

編集するテキストの中に特別な記法を書くことで、HTMLを覚えなくとも文字修飾(見出し、他のページへのリンク、取り消し線など)ができるようになっています。改行もそのまま反映される様になっています。

つまりページを新たに追加することも、既存のページを削除することも、バックアップされたデータから復旧することも可能です。
どうぞお気軽にご参加下さい。
 
 
001.jpg

9010.gif:[5]
鬼縄の麻縄商店へ行く:[5]
鬼縄の麻縄商店へ行く:[5]

「あぁぁっ。お、お願い。も、もう。。。」

官能の雫をすうっと吸い込む麻縄は使い込むほどに女の肌に馴染む。
女の汗を吸い取り、蜜を吸い取る。

吸い取られるのは汗だけであろうか。
蜜だけであろうか。
逃れられぬ苦痛と快楽の狭間で身悶えする女の情念さえも縄にやどるのではあるまいか。

縄は吸い取る。
秘めた欲望と快楽を。
欲望のすべてを吸いつくした縄は、てらてらと悪徳と官能の光を帯びる。

「では、手を後ろに回してもらおうか」
女を後手に縛る。
自由を奪い嬲る。

「ではそろそろ、恥ずかしい部分を見せてもらおうか」
女を開脚に縛る。
「まさか、濡らしてなどいないだろうな?」
「あぁぁっ。い、いやっ。。見ないでっ」
足を閉じることのできない女は羞恥に身悶えする。

鞭を打つ時、縄は女を逃げさせまいとするが、鞭の連打からわずかに女の身を守りもする。
緊縛された女をひたすら快楽責めにするのも良い。
秘部をさらけ出させる恥ずかしい苦悩も縄で与える。

縄は女の美を際立たせ、包み込む。
苦痛を与え、安定を与える。
囚われの中で、悶え、濡らす。
縄に囚われた女は美しい。。。

上手く縄を使い、上手く女を仕込めば、女は緊縛されるだけでアソコを濡らすようになる。
私は、裸体よりも緊縛された姿態を美しいと思う。
それ故に、縄にはこだわっている。

鬼縄の麻縄商店へ行く:[5]
 
 
「さて、そろそろ縛らせていただきましょうか?」
男は、女の白く透き通る肌に縄をかけようとした。

「あぁっ。お、お願い、そんな事、なさらないで......」
女の頬が恐怖でこわばる。
女は肩を震わせ、床の上を這うように男からツツッと離れると、身をよじって縄から逃れようとする。
縄を手にした男は女を眺めつつ、やんわりと女を諭すように、嬉々とした表情で言った。
「逃げても構いませんが......この部屋からは出られませんよ?」

男は以前から目をつけていた美しい女を今夜ついに誘拐したのであった。
女がアパートから出たときから男は女を尾行していた。
この時間に女が近くのコンビニに買い物に行くことは事前の調査で分かっている。
人通りの途絶えた路地に女が歩みを進めて数分後のことである。
後ろから忍び寄る黒い影に、女は何か薬品のようなものをかがされた。
くらっと眩暈を覚えた後、女は気を失った。
気がついた時には薄暗い地下室に監禁されていたのだ。

男は女に焦がれていた。
その女の全てを支配したいと思うほどに。
―― 女を調教するには、一週間もあれば十分だ ――
男には自信があった。

男は女に言う。
「大丈夫。私は貴女を愛しているのです。ですから、私から離れられないようにして差しあげるだけですよ。大切に大切に致します。勿論、私のやり方で、ですがね。。。ふふふ」

「お、お願いです。このまま帰してください。私に触らないでっ」
女はまるでわが身を守るかのように自分の胸の前で両手をクロスにさせ、床の上で震えている。

「ふぅむ。私としてもあまり手荒なことはしたくないのでね。貴女が大人しく言う事を聞けばちゃんと返して差し上げましょう。しかし、言う事を聞かないというのなら、一生ここに閉じ込めるしかありませんな」

「そ、そんなっ」
男の言葉を聞くと、女の眼から一筋の涙がこぼれた。
男は矢継ぎ早に言葉を投げる。
「おっと、泣くのはまだ早いですよ。貴女には快楽の何たるかをお教えして差し上げましょう。女は麻縄に緊縛されつつ、快楽に身をよじって泣くのが美しいのですよ。大丈夫。怖がることはありません。私から離れられなくなるだけですから。ふふふ」

「たとえどんなことをされても、私が貴方から離れられなくなるなんて、あり得ないですわ」
女はカッとなったのか、やや紅潮した頬で叫んだ。


ますます面白くなってきた。
男は心が躍るのを感じた。
しかし、女に一定の安心感を与えるために湧きあがってくる淫猥な笑みをかみ殺した。
そして、出来る限り真摯な表情をつくりあげると、女に言った。
「では、一週間したら貴女をここから出して差し上げると約束致しましょう。その代わり、一週間の間は私の命令に従うのです」

男の言葉を聞き、どうせここから出られないことを徐々に知り始めた女は自暴自棄に叫んだ。

「す、好きになさるといいわっ」

男は遂に女に縄をかけはじめた。
じりじりと男の興奮が高まる。
緊縛された女は美しい。
裸体よりもずっと。

きっともうすぐ......。
貴女はその股の間から熱い鼓動を感じますよ。
その美しい両太ももの間から、いやらしく滴る液をたらすのですよ。
そして私の手に落ちるのです。
心の中で、男は勝ち誇ったかのように女に言った。

miki05.jpg[6]
 
 
 
Page Top

奴隷WIKI anchor.png[11]

Page Top

練習ページ anchor.png[16]

Page Top

PukiWiki[3]について anchor.png[21]


Last-modified: 2015-03-23 (月) 17:01:57 (JST) (735d) by oninawa